被害の具体例と相談Category

先物取引被害イメージ

先物取引が、「ちょっと余裕もできたし、銀行に預けておいても利子はほとんど付かないから、個人投資でもやってみようかな」などと素人がふと思い立って儲けが出るような取引ではないことを知っておけば、悪質な業者の勧誘などにひっかかり、被害を受けることもないでしょう。

もし本気で先物取引で儲けを出したいのであれば、取引に関する基本情報はもちろん、世界経済の動きやチャートの読み方など、かなりの下準備をしてからでなければとても危険です。

すべて自分自身の裁量で取引を行うオンライントレードであっても、やはり難しい投資である先物取引に素人が手を出すだけでも危ないのに、悪意ある業者が間に入っていたとしたら、トラブルが起こって当然ともいえるでしょう。

被害の具体例と相談の記事一覧Category List

クーリングオフについて

先物取引が、「ちょっと余裕もできたし、銀行に預けておいても利子はほとんど付かないから、個人投資でもや・・・

先物取引業者をチェック1

先物取引を行う人にとって、良きアドバイザーであり、まさしく投資のプロとして難易度の高い先物取引の相場・・・

先物取引業者をチェック2

先物取引での本来の投資による収益ではなく、先物取引にかかる手数料として委託保証金をせしめようとする悪・・・

弁護士に相談した場合

先物被害に遭ってしまったとわかったら、専門家の助けが必要になることも多いはずです。 まずは先物取引の・・・

先物取引被害の相談先

先物取引に関する法律の改正や、オンライントレードによる取引の普及から、きちんとした金融機関に紛れた悪・・・

被害の具体例と相談のカテゴリーには以上の記事がリストされています。