先物取引中の注意点Category

先物取引被害イメージ

悪質な先物取引の業者は法律の規制の隙を突くようにして、巧みな勧誘や脅しをかけて無理な契約を結ぼうとします。先物取引は素人が手を出すのは危険だと知っていればこの勧誘をしりぞけて、危険なトラブルや先物被害を避けられる可能性が高いでしょう。

が、先物取引に元々興味があり、実際自分で意志決定をして商品の売買を行うだけの知識があれば、先物被害に遭わすにすむのかと言えばそうでもないようです。

先物取引の業者は、商品の売買についても顧客にアドバイスを行いますから、悪質な先物取引の業者の中には、顧客の了承を得ないで勝手に取引を進めたり、また自分に都合の良い取引しか勧めてこないケースもあるようです。

そもそも、先物取引において、一般の個人の投資家の数がやたらに多い日本の市場の特徴は世界的に見ても奇妙だと言われます。

先物取引中の注意点の記事一覧Category List

各項目をチェックする

悪質な先物取引の業者は法律の規制の隙を突くようにして、巧みな勧誘や脅しをかけて無理な契約を結ぼうとし・・・

新しい銘柄をやたらに勧められる

先物取引を開始して、なにかがおかしいと感じた人の例からすると、先物取引の外務員が、次から次へと、あれ・・・

必要書類の確認

商品先物取引では、金融業者との関わりかたについては、注意しておきたい点は数多くありますが、最も重要な・・・

証拠金の追加について

先物取引では委託保証金を預けることで、もし利益が出れば大きく稼げる可能性があるのに対し、損害が出た場・・・

取引は自分で~一任売買の危険

先物取引の業者は、本来、どの商品を買って売るかと言ったような先物取引に関する事柄すべてを顧客の指示通・・・

先物取引中の注意点のカテゴリーには以上の記事がリストされています。